誰でもできる副業&節約術

サラリーマンも主婦も簡単にできる副業や節約術を紹介していきます。

ハピタスに登録する人は「URL」に要注意!

これからハピタスに登録する人は「URLを確認」しましょう!

 

 

2018年GW以降、ハピタスの紹介制度が変更になり、紹介方法が二つに分かれました。

  • ハピ友で紹介
  • シェアハピで紹介

 

この二つは、登録時に貰えるポイントが違います。

 

ハピ友で登録すると「30円分」のポイントしか貰えません。

 

しかし、シェアハピで登録すると「最大700円分」のポイントが貰えます!

※通常は200円分のポイント

 

 

以下に当てはまる人は、気をつけましょう!

  • ハピタスを紹介する人
  • これからハピタスへ登録する人

f:id:fYUKI:20180513115700j:plain

 

 

この変更は、ハピタスを紹介しているブロガーにとって改悪でしかありません…

今までは「シェアハピ」と「ハピ友」どちらの恩恵も受けられていましたが、今回の変更でどちらかを選択する必要が出てきました。

 

 

 

 

 

 

ハピ友とシェアハピの違い

 

通常、ポイントサイトを紹介すると、紹介された人が「登録 or 広告利用」でポイントが貰えます。

 

ハピタスは今回の変更により、

「登録時」か「広告利用時」のどちらかしかポイントを獲得できなくなりました。

 

 

【ハピ友】

  • 紹介された人がポイントを獲得すると、ステージに応じてポイントが貰える。
  • 紹介された人は、登録時30円分のポイントが貰える。

 

【シェアハピ】

  • 紹介された人が登録&初めての利用で、紹介された人・紹介した人ともに通常200円分のポイントが貰える。

 

紹介側のメリットが大きいのが「ハピ友」で、紹介側・紹介された人ともにメリットがあるのが「シェアハピ」です。

 

紹介する側は、「ハピ友」で紹介したいのが本音です。

そのため、ブロガーのほとんどは「ハピ友」で紹介しています。

 

確認したところ、以前の紹介用URLは「ハピ友」用のURLになっています。

登録時の獲得ポイントを200円分のままで書いている人は、早めに修正しましょう。

 

 

 

 

ハピ友とシェアハピの見極め方

 

これからハピタスに登録する人は、URLで見極めましょう!

 

ネット検索で出てきたブログなどから登録する場合、紹介用URLが「ハピ友」用だと登録時に30円分のポイントしか貰うことができません。

 

しかし、「シェアハピ」用URLから登録すると最大700円分のポイントが貰えます! 

通常200円分のポイントのところ、条件達成でさらに500円分のポイントが貰えます。

※キャンペーン期間:2019年4月23日12:00 〜 2019年5月31日23:59まで 

 

f:id:fYUKI:20190319030946j:plain

 

こちらが条件の詳細です。

キャンペーン期間内に「シェアハピURL」経由で新規会員登録を完了後、ハピタスの広告(ショップやサービス)を利用し、登録日を含む登録後7日以内に1pt以上通帳に「判定中」もしくは「有効」と記載されること

 

キャンペーン特典のポイントを貰うには、登録後7日以内に1pt以上獲得する必要(判定中 or 有効)があります。

特に利用予定が無い人は「無料」と検索すると、無料登録でポイントが獲得できる案件がいくつか出てくるので利用しておきましょう。

 

 

 

どちらも開いたページは同じですので、開いたページのURLを確認しましょう!

 

「https://」の後に「m.」付いていればハピ友用URLです。

 

「https://」の後に「sp.」が付いていればシェアハピ用URLです。

※PCからの紹介だと「sp.」が付かず、「https://hapitas.jp/」となっています。

 

 

これから登録される方はシェアハピ用URLから登録することをオススメします!

※この記事を読んでも、ハピ友用URLから登録してくれる人も大歓迎です。

 

 

▼具体的なポイントの貯め方については、こちらを参考にしてください。

 

 

 

 

ハピタスへ登録した後にすること

 

ハピタスに登録しただけでは、意味がありません。

 

利用してポイントを獲得することで、初めて意味があります。

 

ポイントサイトを使って、どうやってポイントを貯めるのか?

 

▼こちらの記事に具体的な貯め方を紹介しているので、参考にしてください。

 

  

▼ポイントをマイルへ変える「陸マイラ-」については、こちらをご覧ください。

 

 

ポイ活(ポイント活動)は、複数のポイントサイトを利用することが常識です。

同じ案件でも、ポイントサイトによって獲得できるポイント数が異なります。

▼ハピタス以外のポイントサイトについては、こちらをご覧ください。

 

 

▼その他、ポイ活についての情報はこちらをご覧ください。