誰でもできる副業&節約術

サラリーマンも主婦も簡単にできる副業や節約術を紹介していきます。

行動格差の時代!「明日やろうは馬鹿野郎」

「明日やろうは馬鹿野郎」

 

という言葉は以前月9で放送された、プロポーズ大作戦というドラマの名言です。

放送当時に私も見ていましたが、ドラマの内容よりこの言葉が印象が強く残っています。

 

以前は「情報格差」と言われていましたが、現在はほとんどの方がスマホやPCなどインターネットを利用できる環境にあり、様々な情報を自分で手に入れることができるようになりました。

 

そして現在、「情報格差」から「行動格差」と呼ばれる時代へと移り変わっています。

 

 

何が言いたいかと言うと、いかに行動できるかで自分の人生が左右される時代になっているということです。

 

以前からこのブログでも書いている「年金問題」「老後破産」「生涯年収の低下」など将来に向けて自分で行動しないといけない時代になっています。

 

私がこのブログを始めたのもその一環です。

 

特に行動社会では、いかに早く行動するか?ということが重要です。

ビジネスの世界では、先行者優位」というのが当たり前です。

後発の優位性も確かにありますが、先行者との大きな差別化や大きな資本が無いと難しいのが現状です。

 

f:id:fYUKI:20180424112135j:plain

上の図は、イノベータ―理論というものです。

アーリーアダプター「アーリーマジョリティ」の間が流行るか流行らないかの境目だと言われています。

 

以前の記事で取り上げましたが、平成30年3月時点で仮想通貨の取引参加は延べ約350万人ということでした。日本人口全体で割ると約3%になります。

あくまで延べ人数なので実際の人数はもっと少ないでしょうが、少子高齢化社会ですので実際は割る人数ももっと少なくなると思います。

 

私には正確な人数を把握できませんが、現時点では「イノベータ―」+「アーリーアダプター」にいることは間違いないでしょう。

ですので、先行者優位」で仕掛けるなら今だということです!

 

そして、珍しく日本が主導で動いている業界です。

www.nikkei.com

 

 

最近、Googleからのアクセスの半数以上がレボレット(Revollet)関連の記事です。

f:id:fYUKI:20180424121938j:plain

 

ユーザー登録に関しては、把握できないのでどれくらい登録されているか分かりませんが、少しずつアフィリエイターに関する連絡が来るようになりました。 

アクセス数の割に連絡がくることはまだ少ないですが、それは逆に今後市場が成長するチャンスだと言うことです。

 

レボレットや仮想通貨に関しては間違いなく今がチャンスですし、その他の将来に向けての備えに関しても早く行動することをおすすめします。

 

確かに行動することはリスクを伴いますが、行動しないこともリスクになりますよ。

 

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で