誰でもできる副業&節約術

サラリーマンも主婦も簡単にできる副業や節約術を紹介していきます。

節約のキホン「流動費ではなく、固定費を削れ!」

節約の基本である「支出の分け方」の紹介です。

 

f:id:fYUKI:20180401112958j:plain

 

支出の分類はいくつかありますが、

 

今回は「固定費」「流動費」という2つについて書きます。

 

 

 

 

 

 

固定費とは?流動費とは?

 

固定費とは「毎月金額が変わらない」お金のこと。

主に家賃や保険料、住宅・車のローン、教育費などが含まれます。

 

 

流動費とは「毎月金額が変わる」お金のこと。

食費や医療費、交際費、娯楽費などが含まれます。

 

 

節約と言うと、食費や光熱費を削ることが多いのでは無いでしょうか?

例)

今月は食費を○○○円で生活しよう

今月はこまめに電気を消し、エアコンを我慢して電気代を抑えよう

 

 

しかし、食費や光熱費は流動費に分類されます。

 

流動費は、金額が変動して当たり前のお金です。

 

その月の金額が少なかったとしても、実際にいくら節約できているのか分かりません。

 

 

今月の流動費が少ないからと言って、お金を継続的に他の所へ回すことは難しい…

 

それに、節約できた金額の増減で一喜一憂するのは結構なストレスです。

 

 

 

 

節約するなら、固定費を見直せ!

 

このような観点から、節約するには「固定費」「流動費」を考える必要があります。

 

そして「固定費」を見直すことが重要です!

 

固定費を抑えることができれば、毎月いくら節約できるのかはっきりと分かります。

節約できる金額がはっきりと分かれば、そのお金を他のことに回すことが可能です。

 

 

固定費の見直しで特にオススメなのは、スマホ代です。

ネット上で料金シュミレーションやプラン変更が行えるので、すぐに実践できる見直しの一つです。

 

私も夫婦で月々20,000円程払っていましたが、格安SIMにしたことで現在は二人で5000円程に抑えることができています。

以前と比べると月々15,000円の節約ができており、年間20万円弱の節約になります。

 

一度は、必ず見直しをした方が良い固定費がスマホ代です。

 

 

その他の固定費の見直しについては、こちらを参考にしてください。

 

 

 

 

さらに節約を学びたい人は、これを読め!

 

さらに、節約を学びたい人にオススメなのがこの本です。

今回の紹介した支出の分類を含め、すぐに実践できる内容が色々と書かれています。